HOME > BRAND > FACE FONT(フェイスフォント)






機能美の追求が生みだす唯一無二のデザイン

まるで”書体”のようにかける人の表情を豊かに彩る一本

フェイスフォントは、「字体(フォント)が文章やグラフィックに表情を与えるように、眼鏡をかける人の表情を豊かに演出したい」そんな想いを込めて生まれたブランド。
眼鏡フレームを単なる視力矯正のツールとしてではなく、表情を演出するためのアイテムとしてとらえた製品づくりとアイテムは、2007年秋、フランスのSilmo展でデビュー以来、ヨーロッパやアジアのバイヤーからも非常に高い評価を受けています。
忘れてはいけないのは、このフェイスフォント、ただデザイン性を追求するのではなく、安心できるクオリティーの高さやかけ心地などトータルバランスのよさも追求しているところ。
「和菓子のように、色彩豊かで甘い菓子でありながら、けっしてポップにならず、上品さと伝統的な製法を保ちながら生まれる日常的なプロダクト」フェイスフォントは、そんな日本的なものづくり精神が生んだ“結晶”ともいえるブランドなのかもしれません。