HOME > SERVICE > 加工


加工

工場から送られてきたまん丸のレンズを削り、フレームに組み合わせて一本のメガネにすること。これを加工と言います。
機械で削ったレンズをそのままフレームにはめ込んでおしまい、なんてことは手抜きになりますので、我々はそこから自らの手で微調整を行い、快適に見えるよう工夫をしています。

例えば、機械で削ったレンズを更に手で微調整すること。
プラスチックレンズは収縮し易いもの。もしレンズがフレームよりも多少大きくても入れられないことはありません。
しかし、そのような作り方をしたメガネは、将来フレームの負担が蓄積し壊れてしまう可能性が高いのです。


歪みのないレンズ
歪みのあるレンズ
このように、歪みを「見る」機械を通せばレンズの大きさを確かめることが出来ます。
この歪みをなくす為に、手によるもうひと削りでフレームとレンズの大きさを合わせます。
サイズがぴったりと合ったレンズからは、先ほどのような歪みがなくなります。


我々は、お客様にメガネをずっと使っていただくために、手でのもう一手間にこだわります。

例えば、ネジの一本一本に必ず緩み止めをさすこと。

ネジの緩みは、レンズやパーツの脱落に繋がります。
そんな不意の事故を避けるために、ネジ一本一本に専用の緩み止めをさしています。


ノーズパッド加工後
ノーズパッド加工前
例えば、鼻元が合わなかった場合には、お客様に合うようなパーツに取り換えること。


ノーズパッド加工後
ノーズパッド加工前
あまりにも鼻元が広すぎてメガネがズルズル落ちてきてしまうようなメガネは、きちんとした見え方を提供することができないばかりか、掛けていて気持ちが良くないものです。
お客様の快適な視野のために、ノーズパッドの交換や高さ調整も承っております。


鼻盛り加工後
鼻盛り加工前
すべてはお客様にメガネを快適にお使いいただきたいという想いと、ご要望に細やかにお応えしたいから。

グラストリーイカラは、一本一本真心を込めて、あなたの為のメガネをお作りしています。